住宅

不動産も活用して住み良く改善|全ての人が住み良い住宅

節電にもなる

案内

省エネ住宅ポイントを受け取るには窓まわりの改修がお得

省エネルギー性能を向上させる改修工事で、もっとも費用対効果が高いのが、窓まわりの改修です。その理由は、窓まわりの熱損失量が、夏の冷房時には71パーセント、冬の暖房時には48パーセントと、他の部分にくらべてはるかに多いからです。 さらに、この窓まわりの改修工事をすることによって、省エネ住宅ポイントを受け取ることができます。 ポイント発行の対象となる改修工事は、ガラスの交換、内窓の設置、外窓の交換の3つです。いずれかの工事を1カ所でも行えば、その対象となります。特に、ガラスの交換や内窓の設置などは、大規模な工事が不要であるため、他の改修工事に合わせて、これらの工事を付け足すことによって、お得に改修工事を行うことができるでしょう。

制度の仕組みをよく知っておこう

省エネ住宅ポイントを受け取るために求められる窓やガラスの性能は、地域によって異なっています。改修された後の窓やガラスの性能が、省エネルギー基準で定められた地域ごとの断熱性能などに適合していることが条件になります。 また、省エネ住宅ポイント制度の事務局に登録されている型番の製品を使用した改修工事のみが対象となるため、注意が必要です。 この制度では、窓の大きさや工事のタイプごとに省エネ住宅ポイントの発行数が定められています。つまり、工事を行った窓やガラスの枚数に応じて、ポイントが加算される仕組みになっています。たとえば、5カ所の窓を改修した場合には、5カ所分のポイントを足し合わせたポイントを受け取ることができます。 こうした制度の仕組みをうまく利用して、省エネルギー性能を高める改修工事を行うといいでしょう。