住宅

不動産も活用して住み良く改善|全ての人が住み良い住宅

環境に良い家にする

男性とタブレット

ポイントの対象となるエコ住宅設備

対象となるエコ住宅設備は、太陽熱利用システム、節水型トイレ、高断熱浴槽、高効率給湯器、節湯水栓の5種類と定められています。 このうち3種類以上のエコ住宅設備を設置する場合には、他の工事条件なしに、その設置工事だけでポイントの発行を受けられるため、大変お得です。 また、設置するエコ住宅設備が3種類に満たない場合であっても、窓の断熱改修工事か、外壁や屋根などの断熱改修工事とあわせて工事を行えば、設置したエコ住宅設備の分だけ、ポイントの発行を受けることができます。 こうした省エネ住宅ポイントを受け取ることができる機会を利用して、エコ住宅設備を設置する人が、急速に増えつつあります。

ポイントの仕組みと申請方法

省エネ住宅ポイントを受け取るために設置が求められている、それぞれのエコ住宅設備については、JISなどで定められた基準が設定されています。そのため、省エネ住宅ポイント制度の事務局に登録されている型番の製品を設置した改修工事のみが、ポイントの対象となるため、注意が必要になります。 発行されるポイント数は、設備の種類ごとに定められています。つまり、それぞれの設備の設置台数には関係がなく、設置した設備の種類に応じてポイントが発行されることになるということも、知っておくといいでしょう。 こうした省エネ住宅ポイントの申請は、原則として建築主が行うことになりますが、事業者によって代理申請をすることもできます。設計事務所などに相談してみるといいでしょう。